ヒーローランキング

勝率ランキングで今の環境を知ろう!5月編【環境記録】

f:id:premium-a:20180521210529p:plain

どうもkajonです!

 

前回(4月上旬)の勝率ランキングから約1ヶ月間半が経過したわけですが、その間にハナビ/ウラヌスの登場サナ/アリス/ナナのリメイク、その他多くのヒーロー達が調整され、ヒーロー勝率に変化が起きています!

 

そこで今回も、今月のヒーロー勝率ランキングを確認と前回との比較をして、具体的にどのような変化があったのかを調べて行きます。

 

目次

ヒーロー勝率の調べ方

ヒーロー勝率の調べ方は今までと同じ。公式ページにある統計データをただ載せるだけ!

統計データは「勝率」「KDA」「使用人口」を、地域・日付・ランク帯・ゲームモード別に調べることができますが、全て残すと切りがないので今回は「2018年5月(1日〜21日)、全ての地域、高ランク帯、ランキングモード」のヒーロー勝率だけを扱います!

 

KDAが無いため完璧に環境を知ることはできませんが、おおよその環境は把握できるとは思います。

 

ランキングを見る際の注意

・このランキングは高ランク帯のものなので、低ランク帯のものとは全く異なります。

・ドラフト戦でのデータのため、カウンターピックやBANによる影響が出ます。

・確率を扱うどのランキングでも言えることですが、勝率50%をボーダーとして環境適正を考えるといいでしょう。

・使用人口も確認できます。数値が高いほど、勝率の説得力が増します。

・地域設定はALLにしていますが、日本サーバーに一番近い情報が知れるのはEA(東アジア)です。気になる方は自分で調べてみてください!

 

 

4月上旬勝率ランキング

 

f:id:premium-a:20180521073810p:plain 

f:id:premium-a:20180521073815p:plain f:id:premium-a:20180521073822p:plain f:id:premium-a:20180521073856p:plain f:id:premium-a:20180521073849p:plain

f:id:premium-a:20180521073842p:plain 

f:id:premium-a:20180521073835p:plain f:id:premium-a:20180521073828p:plain

 

順位の変化

ざっと現環境のランキング表を見てもらったわけですが、具体的にどのような変化があったのか、勝率の変動が大きいところだけをピックアップして解説していきます!

 

 NEW ! ランキング新登場

ハナビ(14位)

登場してから約1ヶ月は経過しているハナビ。ハンター不遇の現環境でこの順位は非常に高い!それでも、プレイヤーからの評判があまりよろしくない。。

 

ウラノス(47位)

初登場となるウラノスですが、ランク戦などではお目にかかることがないほどのパワー不足な存在。最新パッチでは早速バフ(上方修正)されているので、これから徐々にテコ入れされていくでしょう。

 ⤴︎ 順位をあげたヒーロー

サナ(20位→1位)

スキルリメイクによって強化されたサナは、勝率7%の上昇、人口10倍増というジェイソンリメイクばりの結果に!

圧倒的な勝率を誇るものの確実BAN枠ではなく、あくまで候補の一人。

新パッチにて、サナのナーフが行われることが決まっています。

 

ランスロット(5位→2位)

勝率2.2%増加。ゴセンの没落によりアサシントップに返り咲き。人口は前回から3分の1に減っていることもあり、質の高い使用者が残っているということなのかもしれません。

 

マーティス(24位→5位)

勝率4.8%増加で、ファイター界トップに躍り出ました!

マーティスのその性能は、ひとりで試合を一気に動かせてしまうほどの脅威となっています。

新パッチでは、彼のヒーローパワーに関する調整が多く行われているので、これから落ち着いてもらえるよう期待したいところ。

 

アルファ(12位→8位)

1.5%増加。

 

シュウ(21位→13位)

1.6%増加。東アジアでは以前からトップ10入りするほどの実力を持っていたシュウ。地域設定がALLでもこの順位を獲得。前回行われたスキル2の仕様変更は逆にプラスに働いているのかも。

 

メタルヘッド(34→17位)

2.2%増加!

シュウ同様の位置強制の妨害能力を持つタンク型ファイターであり、以前から東アジアでは好成績を納めてきたヒーローなので納得の結果です。

 

アリス(47位→20位)

勝率3.8%増加! スキルリメイクによって強メイジの仲間入りを果たしました。

 

ミノタウロス(44位→21位)

ティグラルと共にタンク界のワースト争いをしてきた彼は、度重なる能力調整によって勝率が3%も増加!レイジ管理が容易になったことで強力な存在になっている様子。

 

隼(37位→22位)

2.1%増加。

 

クリント(37位→27位)

1.7%増加。エンドレスバトルの強化の影響が大きい様子。

 

カリナ(40位→33位)

1.2%増加。

 

モスコブ(40位→38位)

1.7%増加、シーズン8スキンに選ばれたこともあり、積極的にバフが行われていました。

 

キャリー(49位→40位)

1.7%増加。

 

 ⤵︎順位を下げたヒーロー

イスンシン(1位→3位)

2.5%減少。

 

アンジェラ(2位→9位)

54.87→52.74 人口1.6%増加

 

グールド(14位→29位)

勝率が1.7%も減少。

 

ヴェルス(14位→29位)

勝率2%減少、グールドと同じスタイルのヒーローであることからも納得の結果。

 

ゴセン(3位→36位)

勝率6%減少、まだBAN枠候補に入るほどの強いヒーローではありますが、その終盤戦における脆さ、ゴセン対策などが広まりこのような結果に。

 

ヒルダ(15位→37位)

タンク型ファイターが調子を上げている中、ヒルダは勝率を2.6%下げました。

 

アルゴス(26位→42位)

勝率1.6%減少。不遇枠の通常攻撃特化型ファイターなので、この結果は必然ですね。

 

カグラ(29位→44位)

勝率1.6%減少。以前の調整によってレンジが縮小されたことでハラスが難しくなり、自身が比較的危険な立ち位置になってしまっているのが原因。順位は低いですが、決して弱いヒーローではありません。

 

オーロラ(39位→50位)

勝率1.4%減少、序盤における火力が低く移動手段が皆無、さらには野良での活躍がしづらいという点が減少理由なのかもしれません。強力なCC能力を持っているため集団戦においては非常に強力なメイジであることには変わりはないです。

 

バルモンド(41位→51位)

勝率は1.5%、人口は2%減少。以前のパッチでヒーローユニット以外に対する固定ダメージ上限が設定されたことの影響で、前回一気に順位を落としましたが、今回もさらに10ランクダウン。今後に予定されているリメイクで再び活躍するのを期待したいところ。

 

ロジャー(50位→54位)

勝率1%減少。環境不遇の通常攻撃型近距離ファイター。

 

ガレック(38位→55位)

勝率2.3%減少。数ヶ月前まではトップ10位をキープしていましたが、まさかのワースト10入りとなりました。

 

ティグラル(52位→56位)

勝率1.1%減少、一度救済されたはずのティグラルは元のワースト5に逆戻り。

 

ナナ(57位→58位)

リメイクされたナナはサポート能力が強化されたかと思いきや、勝率ワースト3。

人口が少ないのでちゃんとしたデータが取れていないということもありそうですが、それでも43%台というのは流石に低すぎますね。。

これから再度ナナの強化が行われることでしょう。

 

 

ロール別で考える

リメイクで2強メイジ誕生

アリスとサナがリメイクされ、2強メイジとして頭角を現しました!前環境では最強メイジと呼ばれていたカグラは順位を一気に下げたりと、メイジ界の変動が激しいです。

移動手段皆無の集団戦特化メイジ達が勝率を下げる

グールド・ヴェルス・オーロラといったメイジが順位を下げました。この3体の共通点は「移動スキルがない・タイマンに弱い・集団戦特化型」という点。とはいえ前者の2ヒーローは十分な勝率を持つので問題ないでしょう。

オーロラは46%というかなり低い勝率。集団戦では非常に強いヒーローですが、序盤における火力の低さや野良での活躍のしづらさが順位を下げてしまっているのかもしれませんね。

妨害スキル持ちタンク型ファイターが強い!

敵を強制移動させるスキルを持つタンク型ファイターのシュウとメタルヘッドの2ファイターが一気に順位を上げました!

以前から東アジアでは好成績を残してきた二人だったので、当然の結果ではありますね。

やはり通常攻撃特化型ファイターには厳しい

間合い管理の難しさと耐久力の低さ、それに見合わない火力といった欠点を持つ通常攻撃特化型ファイターのロジャー・アルカード・子竜が現環境で活躍できていない状況が続いています。比較的高勝率をキープしてきたアルゴスまでもが没落しました。

ハンター不遇の時代

これは勝率にはあまり反映されていませんが、ハンターはかなり不遇の時代になっています。一度はハンターゲーと言われていた時代もありましたが、今はその面影はなく、ハンターなしの構成が当たり前です。

 

これからの環境を変える要素

サポートヒーローの救済

新パッチにてエスタスやラファエルの強化を行うようで、HP管理を主とするサポートヒーロー達の活躍が期待できそうです!

ナナはリメイクされたにも関わらず、結果が振るっていないので、これからさらなる上方修正があるでしょう。

続々リメイク

ラファエルや悟空などの低勝率古参ヒーローのリメイクの実装が決まっています。この2人が環境に影響を与えることは間違い無いでしょう!

OPヒーローのパワー調整

最近のパッチノートを見る限りでは、マーティスを中心とした調整が多くなってきています。このヒーローが落ち着くことで、BAN枠に余裕ができることは間違いなし。

他のOPヒーローも十分な調整が行われることを期待したいところ。

 

 

まとめ

今回は、前回との比較による大きな変動を見ていきましたが、小さな動きは取り上げていないので、気になる方は今までの勝率ランキングで確認してみてくださいね!

第一回(1月中旬)

 

第二回(2月上旬)

 

第三回(3月上旬)

 

第四回(4月上旬)

 

 

次の勝率ランキング記事は、6月中旬あたりを予定していますので、楽しみに待っていてください!

 みんなのコメント

  1. 名無し より:

    コメント場違いかもですが、ランクリセットの際の参照ランクとは、シーズンの最高ランクでしょうか?それとも最終ランクでしょうか

  コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事