モバイルレジェンド速報

スマホゲームのモバイルレジェンド(モバレ・モバレジェ)攻略サイト。最新情報やヒーロー攻略、おすすめキャラ紹介から初心者向けの情報まで幅広く発信しています!

モバイルレジェンド 速報

f:id:premium-a:20190109143034j:plain

f:id:premium-a:20181229050050p:plain

f:id:premium-a:20181220142824p:plain

f:id:premium-a:20181008094846j:plain

f:id:premium-a:20181008224111p:plain   f:id:premium-a:20181227052452p:plain   f:id:premium-a:20190109163725p:plain   f:id:premium-a:20181227052446p:plain

f:id:premium-a:20181008094908j:plain

f:id:premium-a:20181008094858j:plain

f:id:premium-a:20181101152135p:plain

f:id:premium-a:20180430090253p:plain

【ヒーローランキング 】大型アップデート直前!勝率ランキングで今の環境を知ろう!【環境記録】

どうもkajonです!

 

大型アップデートの日が迫ってきましたね!おそらく、エンブレムシステムの新要素「タレント」「ハンターエンブレム」の導入によって、環境がガラッと変わることが予想されます。なので今回は、今現在(2018/01/20)の環境のデータを残して、アプデ後との比較のための前準備的なことをしていきますよ!

 

現環境データの残し方

現環境データの残し方は簡単。公式ページにある統計データをただ載せるだけ(笑) 

統計データは「勝率」「KDA」「使用人口」を見ることができたり、地域や日付・ランク帯・ゲームモード別に調べることができますが、全て残すと切りがないので今回は「2018年1月第3週目、高ランク帯、ランキングモード」のヒーロー勝率だけを扱います!

 

KDAが無いため完璧に環境を知ることはできませんが、おおよその環境は把握できるとは思います。

 

ランキングを見る際の注意

・このランキングは高ランク帯のものなので、低ランク帯のものとは全く異なります。

・ドラフト戦でのデータのため、カウンターピックなどの影響が出ます。

・確率を扱うどのランキングでも言えることですが、勝率50%をボーダーとして環境適正を考えるといいでしょう。

・使用人口も確認できます。数値が高いほど、勝率の説得力が増します。

 

 

2018年1月第3週の勝率データ

f:id:premium-a:20180120062857j:plain

f:id:premium-a:20180120062900j:plain

f:id:premium-a:20180120062902j:plainf:id:premium-a:20180120062904j:plain

f:id:premium-a:20180120062908j:plain

f:id:premium-a:20180120070850j:plain

f:id:premium-a:20180120070137j:plain

今の環境をざっと解説

以前との全体的な比較

ロール間格差が狭まり、全てのロールがtop15にランクインしています。

 

ロール別に考える

タンク

カウンターピックとしてのロインや火力を備えたタンク(リメイクガイ・ヒルダ・ガレック・ヘラクレス)の活躍が目立ちます。一方で、火力または耐久力が水準に達してない、サポート的な役割である初期組ヒーロー(ミノタウロス・ティグラル・フランコ)は勝率が46%を下回っています。ガイとフランコを比べると14%も開きがありロール内格差がひどい状態です。

 

ファイター

スキル主体の中距離型であり耐久力が高いアルファとルビーだけが51%を上回る状態。特にアルファはシーズン開幕の強化により一気に勝率と使用率がアップしました。対して近接特化であったり、通常攻撃型で耐久力が低いヒーローは順位が低い傾向。

 

アサシン

ハカート(勝率45.96%)を除けばファイターアサシンを含めても勝率の開きが4%しかなく、どのヒーローも活躍できている状態。しかしランスロットに関しては使用人口が平均の2.5倍である5%で、さらに勝率52%なのでアサシンの中では圧倒的な強さを誇っています。弱体化前のファニーは55%をマークしていましたが現在では50%になり落ち着いている様子。

 

ハンター

イスンシンは使用人口が平均の約2倍でありながら、勝率が全ヒーロー中で圧倒的に高く、57%代を記録しています。対して、ハンターとしては射程距離が短いキャリーやモスコブ、機動力の低いライラの勝率が低いです。極端な性能のヒーローよりバランスの取れたヒーローの方が活躍しています。

 

メイジ

ザスク・オデットの勝率が高く、上位常連のカグラ・サイクロも50%ながら15,6位をキープ。勝率の低いサナは使用人口が0.08%なので実際はよくわかりません。しかしエウドラは0.6%の使用率に対して勝率が43.8%なので環境に追いつけていないことがわかります。

 

サポート

カウンターピックとしてのディガーだけが勝率が高いです。エスタスは50%ではあるものの使用率が0,16%なので、限られたプレイヤーのみが使用しています。 ラファエルやナナは45%を下回っていて環境に追いつけていない状態で、サポート不遇環境と言えますね。

 

他の視点から考える

初期組の順位が低い

50%を上回るのはリメイクされたガイ・ロインのみ。勝率ワースト5位を初期組が占めていたりと、あからさまに調整が疎かにされています。

 

まとめ

次のアップデートでは、ミノタウロスやティグラルの強化、ベインのリメイクで低勝率ヒーローの救済が行われます。しかし、気になるのが新エンブレムシステムの影響ですね。これ次第では、環境がガラッと変わって、新たなヒーロー格差が生まれる可能性がありますから。

 

とはいうものの、どのように環境が変わるかはよくわからないので、大人しくアプデを待つことにします(笑)

 

というわけで、次の勝率ランキングは、アプデ後の環境が落ち着き始めた2・3週間後くらいを予定していますのでお楽しみに!

 

>他の記事を見る 

http://www.mobilelegends-sokuho.com/