モバイルレジェンド速報

スマホゲームのモバイルレジェンド(モバレ・モバレジェ)攻略サイト。最新情報やヒーロー攻略、おすすめキャラ紹介から初心者向けの情報まで幅広く発信しています!

モバイルレジェンド 速報

f:id:premium-a:20190109143034j:plain

f:id:premium-a:20181229050050p:plain

f:id:premium-a:20181220142824p:plain

f:id:premium-a:20181008094846j:plain

f:id:premium-a:20181008224111p:plain   f:id:premium-a:20181227052452p:plain   f:id:premium-a:20190109163725p:plain   f:id:premium-a:20181227052446p:plain

f:id:premium-a:20181008094908j:plain

f:id:premium-a:20181008094858j:plain

f:id:premium-a:20181101152135p:plain

f:id:premium-a:20180430090253p:plain

【ヒーローランキング 】勝率ランキングで今の環境を知ろう!3月上旬編【環境記録】

f:id:premium-a:20180304172050j:plain

 

どうもkajonです!

 

前回(2月上旬)の勝率ランキングから約3週間経過したわけですが、その間にアンジェラやゴセンという強ヒーローの追加、その他ナーフやバフなどで環境が変わり、ヒーロー勝率にも変化が起きているようです!

 

というわけで、前回(2月上旬)と今回(3月上旬)のヒーロー勝率を比較して、具体的にどのような変化があったのかを調べて行きたいと思います!

 

ヒーロー勝率の調べ方

ヒーロー勝率の調べ方は今までと同じ。公式ページにある統計データをただ載せるだけ!

統計データは「勝率」「KDA」「使用人口」を、地域・日付・ランク帯・ゲームモード別に調べることができますが、全て残すと切りがないので今回は「2018年2月の第4週目〜3月第1週目、高ランク帯、ランキングモード」のヒーロー勝率だけを扱います!

 

KDAが無いため完璧に環境を知ることはできませんが、おおよその環境は把握できるとは思います。

 

ランキングを見る際の注意

・このランキングは高ランク帯のものなので、低ランク帯のものとは全く異なります。

・ドラフト戦でのデータのため、カウンターピックなどの影響が出ます。

・確率を扱うどのランキングでも言えることですが、勝率50%をボーダーとして環境適正を考えるといいでしょう。

・使用人口も確認できます。数値が高いほど、勝率の説得力が増します。

 

 

3月上旬勝率ランキング

f:id:premium-a:20180303215456p:plain

f:id:premium-a:20180303215504p:plain

f:id:premium-a:20180303215512p:plain

f:id:premium-a:20180303215519p:plain

f:id:premium-a:20180303215526p:plain

f:id:premium-a:20180303215544p:plain

f:id:premium-a:20180303215536p:plain

 

順位の変化

ざっと現環境のランキング表を見てもらったわけですが、具体的にはどのような変化があったのかを、変動の大きいところだけをピックアップして話していきたいと思います!

ジェイソン(2位→1位)

勝率が約4%アップで使用人口は約10倍という恐ろしい結果に!確固たる壊れヒーローです。ナーフが予定されているので、これからのヒーロー調整でどうにかするしかありませんね。。

 

アンジェラ(3位)

ランキング初登場のアンジェラはまさかの3位!サポートヒーロートップの座をディガーから奪取しました!と言ってもディガーとは全く異なる役割を持つので、比べるのは無意味ですね。しかし、この順位からはopであるということには変わりないので、これからの調整でナーフされる可能性が十分にあります。

 

ハカート(45位→13位)

ハカートは32体も追い越し13位という強ヒーローの仲間入りを果たしました!3.7%の勝率アップで、アサシンの中で2番目に高い勝率です!前回のヒーロー調整によるバフが大きかったのでしょう。

 

ガイ(3位→18位)

勝率が約3.5%もの大幅ダウンで、毎回ベスト5に入っていたガイはなんと18位に転落し、ガイの黄金期は崩れ去りました。この結果の主な理由は、リーチの縮小ジェイソンの台頭でしょう。使用人口が3.7%も急増したことから、ガイの新規ユーザーが勝率を落としているという可能性も考えられます。

 

ヒルダ(12位→21位)

ヒルダは50%台ではありながらも、約1.6%もの勝率ダウンで、12→21に急落するという結果に。

 

ゴセン(20位)

ランキング初登場となるゴセンは20位という好調な滑り出し!慣れるまでに時間がかかる癖のあるヒーローでありながら、この順位を獲得できたというのは強い証拠ですね!次回の勝率ランキングでは順位を上げてくると予想します!

 

サナ(45位→35位→23位)

サナ前回順位をあげましたが、今回もさらにあげてきました!使用率が相変わらず0.1%台という低さなので、サナの限られた使用者達が揃いに揃って急激に上手くなったということなのかもしれません。

 

隼(34位→31位)

勝率が1%アップ、それでもアサシンとしては順位が低め。

 

メタルヘッド(37位→34位)

ほとんどのファイターが順位を落としている中、メタルヘッドは順位を3つ上げてきました!前回初登場だったため、この2・3週間でプレイヤーが慣れてきたということなのでしょう。

 

ガレック(14位→24位→38位)

強タンクであったガレックはガトートカチャより順位を下回る結果に。人口が半減したということから、強プレイヤー達がジェイソンに乗り換えたということなのでしょう。

 

ティグラル(41→50)・ミノタウロス(43位→52位)

毎度おなじみ不遇タンクのティグミノコンビは二人揃って1.5%以上の勝率ダウンで、まさかのワースト10に逆戻りという結果に。。

 

 

他の視点から考える

ファイターが活躍しづらくなってきている?

上では挙げていないファイターのほとんどが0.5%〜1%の勝率ダウンとなりました。ファイターにとっては活躍しづらい環境になってきているということなのかもしれません。

 

タンク業界が激変

ガイガレックの勝率大幅ダウンでタンク3強(ガイガレヘラ)時代が終わりジェイソン一強時代へと突入。さらにティグミノのワースト10逆戻りという対照的な現象も起きています。この結果はジェイソンリメイクが引き起こしたものであるのは間違い無いですね。これからのヒーロー調整でなんとかタンク内格差を無くしてほしいものです。

 

ロール別での傾向

ロール毎の傾向はほとんど第一回目の頃と変わっていません。なので、第一回目の後半にある「ロール別に考える」という項目を見ていただければ、どんな特色のヒーローが活躍できていて、逆に活躍しづらいのか、ということを知ることができます!

 

まとめ

今回は、前回との比較で大きな変動を見ていきましたが、他の小さな動きは一切取り上げていないので、気になる方は、今までの勝率ランキングで確認してみてください!

第一回(1月中旬)

【ヒーローランキング 】大型アップデート直前!勝率ランキングで今の環境を知ろう!【環境記録】 - モバイルレジェンド速報

第二回(2月上旬)

【ヒーローランキング 】勝率ランキングで今の環境を知ろう!2月上旬編【環境記録】 - モバイルレジェンド速報

 

というわけで、次の勝率ランキング記事は、環境に変化がありそうな2・3週間後くらいを予定していますので、楽しみに待っていてくださいね!

 

下のコメント欄で、皆さんの感想もお待ちしています!