モバイルレジェンド速報

スマホゲームのモバイルレジェンド(モバレ・モバレジェ)攻略サイト。最新情報やヒーロー攻略、おすすめキャラ紹介から初心者向けの情報まで幅広く発信しています!

モバイルレジェンド 速報

f:id:premium-a:20190109143034j:plain

f:id:premium-a:20181229050050p:plain

f:id:premium-a:20181220142824p:plain

f:id:premium-a:20181008094846j:plain

f:id:premium-a:20181008224111p:plain   f:id:premium-a:20181227052452p:plain   f:id:premium-a:20190109163725p:plain   f:id:premium-a:20181227052446p:plain

f:id:premium-a:20181008094908j:plain

f:id:premium-a:20181008094858j:plain

f:id:premium-a:20181101152135p:plain

f:id:premium-a:20180430090253p:plain

【ヒーロー攻略】世界ランカーによるアルファ攻略!ビルドや立ち回りを細かく紹介!

【2018/01/21更新】  

項目「ビルド」kajonおすすめのサブタンクビルドを追加


f:id:premium-a:20171207203441j:plain

 

アルファ使いの皆さんも、使い始めたいみなさんもアルファ攻略へようこそ!

 

攻略に入る前に、みなさんにとってアルファはどんなイメージですか?

 少し前までは「最弱はアルファ」と言われたり、ドラフト戦では「no alpha」と言われたりと選ぶこと自体がタブーと言わんばかりの扱いを受けていたと思います。

 

 しかし!最近の度重なるパッチによって弱点の多くが改善されていき、なんとレジェンドミシック帯でも十分活躍できるほどの力を取り戻しました!

 

 そんなアルファを「使い始めたい!」「更にうまく使えるようになりたい!」と思っているみなさんに、

 

アルファプレイヤー世界ランク100位以内の、わたくしkajonがアルファの使い方について細かいところまでじっくり解説していきたいと思います!アルファの世界ランカーになるのは比較的簡単なので自慢にはなりませんが 笑 )

 

 

特徴

スキル攻撃型

アルファは通常攻撃よりスキルを使った戦闘を得意とします。そのため、ビルド構成はスキル強化系ビルドを採用するのが主流となっています。

 

固定ダメージ

アルファの代名詞といえばパッシブによって与える固定ダメージです。

固定ダメージというのは、ヒーローの防御力を無視して一定量のダメージを必ず与えることができます。なのでタンクなどの防御を固めているヒーローの体力を削る役割として効果を発揮します。

手動スキル

アルファのスキルは全て手動(オートエイムでない)で行います。手動スキルの特徴としては、角度などを自分で調節でき、スキル範囲内に対象ヒーローやモンスターが入っていなくても発動できることです。その代償として必中技ではないため、慣れていないとスキルを空打ちしてしまい、無意味なMP消費やスキル再発動までの冷却時間が発生してしまうなどのデメリットがあります。

ポーク力(攻撃の距離)

アルファのスキルは他ファイターアサシンなどの近接ヒーローの中では随一のポーク力を持っています。もちろんファイターなので近接戦は得意です。それに加えて、中距離遠距離での戦いもできるので、どの距離からでも戦うことができるヒーローと言えます。

自己回復力

アルファは火力だけでなく耐久面でも優れていて、その性能を実現しているのがスキル2による回復です。ブラッドアックスやと合わせると一度の攻撃で一気に回復できます。hp管理のしやすさから、mp管理さえしておけばリコール数が圧倒的に少なくなります。

 

スキル

 パッシブ 「 GO、ベータ 」

冷却時間:7 /  6 / 5 / 5 / 4 /  秒

消費MP:60 / 65 / 70 / 75 / 80 / 85 

スキルを使用するとベータが目標を攻撃、マークをつける。2回マークがつくとベータが連続攻撃を行い、合計150(+合計180%)の固定ダメージを与える。

基礎ダメージ:210 / 230 / 250 / 270 / 290 / 310

ベー多追撃:90 / 105 / 120 / 135 / 150 / 165 

 

[解説]

防御無視の固定ダメージを与えるアルファのメイン火力です。マークは一定時間経つと消えてしまうので、それまでにもう一度マークをつけてパッシブを完成させましょう。 

 

 スキル1 「インパクト」
 [効果]

直線上に斬撃を放ち、ルート上の敵に物理ダメージを与える。移動速度 -70%/、2秒間継続。斬撃の後、ベータが追撃で物理ダメージを与える。

 

 [解説]

射程距離が長いスキルです。相手に遠くからダメージを与える手段として重宝します。近距離であればあるほどベータ追撃が当てやすいです。

 

 スキル2 [フォーススイング] 
 [解説]

パワーを溜めて、前方の扇状範囲の敵に物理ダメージと減速効果を与える。攻撃が命中する毎、自身の攻撃速度を上げ 、HPを回復させる。パワーを溜め終わると、ベータが範囲攻撃を行い、敵に物理ダメージを与える。

 

 [解説]

回復をしつつ攻撃速度を上げるスキルです。ミニオンを含む複数の敵に当てると、その数に応じて攻撃速度upとhp回復を行います。なので、できるだけ多くの的に当てることを意識しましょう。

 

注意:スキル2の回復量は魔法攻撃力に依存します。

 

 スキル3(ULT) アルファスピア 
 [効果]

光の矛で攻撃して、命中した敵にスタン効果を与えて自身を敵に引き寄せ、ルート上の敵に物理ダメージを与える。命中した敵にベータが追撃で物理ダメージを与える。

 

 [解説]

瞬時に目標へと突進し、当たった相手にスタンを付与します。スタンとついでにベータがマークをつけてくれるので、ULT使用前後どちらかで他スキルによるマークをつけてパッシブを発動させましょう。

 

 ULTの様々な用途

・奇襲攻撃(タワーダイブ。アンブッシュや壁を隔てたところからの奇襲)

・1点に集まっている敵をまとめてスタン。(集団戦)

・移動手段(追跡と逃げ)

 

スキルレベルアップ優先度

基本的には【スキル3】がレベルを上げられるタイミングになったら最優先に上げましょう。

 

スキル12の優先度は状況次第で変わります。

遠くから相手をハラスしたい場合なら【スキル1】

hp管理を楽にしたいのであれば【スキル2】

を優先的にレベルを上げていきましょう。

 

エンブレム

エンブレムは物理アサシンをおすすめします。

冷却短縮によって序盤からパッシブ発動機会を増やすことができ、物理貫通と物理攻撃力を上げることによって、スキル攻撃の強化にもつながります。

 

バトルスペル

ハント

kajon的に1番おすすめ!モンスターにもパッシブが入るようになったため、ハントを合わせることで、ファーム力がさらに上がります。早く育てたい場合はベストチョイスです。


石化

約0.5秒のスタンを与えられるため、アルファのultスタン終了直後に使うことで、長時間の拘束が可能になります(いわゆるCCチェイン)。ハントを使う味方が多い場合や安定したキルを狙いたい場合にはおすすめです。


瞬間移動

アルファの不得意分野である追跡と逃げを補えるのが強みです。

捨て身技になりがちなULTの後に、安全に退却できるようになるのが大きいです。

安全に戦いたい人や、ブリンクが欲しい人にはおすすめです。

 

ビルド

 基本的にアルファはスキル主体のヒーローなので、スキル攻撃を強化するビルド(スキルに効果付与、冷却短縮)との相性がいいです。

中には通常攻撃をメインとしたビルド構成(攻撃速度upビルド)を採用している方も見られますが、本来のアルファの強みを生かすのであればスキル強化型をお勧めします。

 

お勧めビルドはこちらです。(世界ランカー1位のビルド構成でなかなかよく考えられています。)

f:id:premium-a:20171210195820p:plain

魔防:敵にハーリーや神楽などの強力なメイジがいる場合におすすめ

吸収対策:強力なメイジがいなく、アルカードやロジャーなどの回復量が多い敵の場合はおすすめ。(デッドリーブレイドのパッシブ効果が通常攻撃時発動に変更されたので、今はお勧めできません。)

火力:強力なメイジがいなく、回復量の多い敵もいない場合におすすめ。

 

kajon的に一番オススメのビルド(サブタンク)

現環境(2018年1月21日時点)で勝率が高いビルド。

f:id:premium-a:20180121102414p:plain

・シーズン6開幕アップデートにより、サブタンクとしての活躍がしやすくなりました。その理由は下のリンクから詳細を確認できます。

http://www.mobilelegends-sokuho.com/entry/alpha-ver1.2.44

・耐久力底上げのため、マジックブレイドからオラクルに変更。これだけで生存率が一気に高まります。

・序盤の育成とレーン戦におけるハラスを考えてサイレンスシューズを採用。育成が遅れ、耐久力が足りないと感じた場合は、クイーンウィング完成頃にファイターブーツに変えて、完全にサブタンクビルドへと移行しましょう。

・このビルド構成を使用する場合は、序盤の防御が薄いので、バトルスキルを「ハント」にしてジャングル装備(斧)の購入をおすすめします。

・誰よりも育成が早かった場合は、ヴァルキリーブレスではなくディスペアブレイドを購入して火力を上げるといいでしょう。

 

 

サイレンスシューズ(またはファイターブーツ)

基本的に靴装備はサイレンスシューズにしましょう。 

mpとhpを回復してくれるだけでなく、hp回復効果能力を増幅させてくれる能力を持ち、mpが枯渇しがちでhp回復スキルを持つアルファとはとても相性のいいビルドとなっています。

硬い仲間が少なくサブタンクとして運用したい場合や、隼などの一気に物理ダメージを与えてくるヒーローがいる場合、またはレイトゲームになった場合にはファイターブーツに変えましょう。

 

ブラッドアックス

自身のスキル攻撃にhp回復効果を付与し、冷却短縮効果も持つビルドです。

回復量の底上げによって生存力がアップし、冷却短縮が欲しいアルファにはベストマッチなビルドです。

 

ドミナントアイス

これもmp管理を楽にしてくれて、冷却短縮を付与してくれるので相性抜群のビルドです。通常攻撃を主体としないアルファにとって、通常攻撃戦での相手の攻撃速度を下げてくれるのも大きなメリットです。

 

オラクル

hp管理を楽にしてくれるビルド、冷却短縮もあります。サイレンスシューズやクイーンウィングとの相性が抜群で、一緒に採用することで、一気に耐久力が高まります。

 

マジックブレード

魔法防具を積まず魔法防御力を高めることができるビルドです。

hpが一定以下になるとシールドを付与してくれるため、スキル2による回復と合わさって、よりデスしにくくなります。

 

オーシャンブレード

スキル攻撃にダメージを与えた相手の物理防御力を下げる効果を付与してくれます。

遠距離スキル持ちなのでスキル攻撃を与えるだけで多くの敵にデバフを付与することが可能になりサポート的な役割もできるようになります。アルファは物理攻撃なので自分自身の火力上げとしても有効です。

 

ディスペアブレード

物理攻撃力を爆上げします、状態異常をかけられている敵により多くのダメージを与えられます。アルファのスキルは全て状態異常を付与するので効果を常に発動することができます。

 

クイーンウィング(ヴァルキリーブレス)

hpが一定以下になった時、魔方・物理防御を上げる効果を持つので、マジックブレイドのシールドとのコンビネーションで、hpがギリギリの状態で持ちこたえることができます。

相手にメイジが多い場合はヴァルキリーブレスが入れ替え候補です。

 

補足:ビルド購入の基本と注意点

・開幕時にmpペンダント2個(ハントの場合はジャングル装備一段目)購入。❇︎1つのmpペンダントはブーツ素材になりますが、もう1つは素材にならないのでビルド枠が圧迫してきたら売却。

 

・(ハントの場合)ブラッドアックスの素材が2.3個買えたくらいでジャングル装備2段目(基本的に防御力アップする方)を買います。他の5つの装備が完成したらジャングル装備は売却。3段目は買う必要はありません。

 

・どのキャラクターにも言えることですが、戦況を考慮して、臨機応変にその場その場でビルドを変えていけるようにしましょう。 

 

・通常攻撃速度をどうしても上げたい場合には、エンドレスバトルの採用をお勧めします。

 

立ち回りのエッセンス

 

スキルとビルドを確認したところで、実際の立ち回りかたを教えていきたいと思います。

 

パッシブ効果を出来るだけ多く発動させる

アルファのメイン火力はパッシブです。スキルを使用する際には、時間内に2回マークを付与してパッシブを完成させることを意識しましょう。

 

序盤から相手をハラスしまくる

mp回復ビルド(ブーツとペンダント)を積んでいれば、mp管理が楽になるので間髪なくスキルを使い、相手がうまく身動きできないようにしましょう。遠くからチクチク当てていけばいつの間にか相手との体力差が生まれます。

 

通常攻撃型ではなくスキル型の動きをする

スキル型のアルファはスキル攻撃でライフスティールをし大半のダメージを与えます。その代わり通常攻撃速度は早くはありません。

それに対し、通常攻撃特化型のヒーロー(ロジャー・アルカード)は、通常攻撃速度が速く、ブラッドクローの採用で通常攻撃によるライフスティールもしてくるので、単純な殴り合いでは不利になってしまいます。 

なので自分が近接戦に強いファイターであっても、相手が通常攻撃特化型の場合は近づき過ぎず自分にとって有利な距離(通常攻撃を受けず、スキルを当てられる距離)で戦うこと意識しましょう。

 

ヒットアンドアウェイ

 基本的にはスキルが当たるギリギリの距離で、とにかく当てたら下がるのヒットアンドアウェイ戦法で一方的にダメージを与えていきます。

ある程度体力を削ることができたら、ULTで一気に距離を詰め、残りの体力を密着戦で削り切りましょう。

 

スキル2使用タイミング

スキル2は攻撃スキルではあるものの貴重な回復技なので、単なる攻撃手段として乱発するのは控えましょう。

近接戦に持ち込んだときには、すぐにスキル2を使うのではなく相手からの攻撃をある程度受けてから使うようにしましょう。

hpが満タンで回復の必要がない場合であっても、強烈な攻撃を受ける心配がなかったり、相手を遠くからハラスしたいためなら単純な攻撃スキルとして使用するのは良い選択です。

 

時にはタワーダイブ

タワー下にいる敵は相手のミニオンが来ないうちは安心しています。自分のhpに余裕があって、相手のhpがわずかな時は思い切ってULTでタワー下の敵に突っ込みましょう。

レーンパートナーがいる場合は攻撃の合図を送って連携をとるようにすると、キルを確実のものにできます。

 

 アンブッシュからの奇襲

アルファのULTは距離が長いので、アンブッシュから奇襲するにはもってこいです。

手動スキルでミスしがちなULTの命中率が高くなるのもポイントです。

 

集団戦では第2・3のイニシエーターになろう

ULTは複数の敵にスタンを与えることができるため、その性能から第1のイニシエーター(集団戦を始める役)として用いる人をよく見かけます。

しかし、集団戦の最序盤は相手全体の体力が全然減っていないので、アルファのULTではスタン時間が短くて削りきれず、逆に自分が狩られてしまいます。

そのため集団戦の序盤では、スキル12で遠くから相手の体力をチマチマ削り、相手チームを疲労させる動きを取りましょう。

集団戦が中盤に差し掛かり、相手チームが疲労によって隙を見せたら、アルファのULTの出番です。体力が残りわずかな敵を一気にスタンさせて、集団戦を終わらせましょう。

 

 

ドラフトでのピック優先度と相性

アルファは使用人口が少なくピックされる事はごく稀であり、op(壊れキャラ)でもないので、ピック優先度は低いです。なので、ピックするタイミングとしては先行45番手、後攻345番手でのピックをお勧めします。

 

おすすめピックタイミング 

  • 防御系ビルドを多く積むヒーローが敵に多い時
  • 硬い敵が多く、ハンター枠がキャリー以外の時(キャリーピックされていても削り役がさらに欲しい時)
  • 火力があるサブタンクが欲しい時

 

 (相手にすると)有利なヒーロー

  • 密着戦を好むタンク(ヒルダ、ミノタウロス)
  • 遠距離技を持たないヒーロー(子竜、アルカード)
  • 火力は低いが防御力が高いヒーロー(ルビー) 

 

(相手にすると)苦手なヒーロー

  • 動きが捕らえにくく逃げ足が早いヒーロー(神楽、ハーリー、ファニー)
  • HPが極端に高いヒーロー(ヘラクレス)

 

まとめ

アルファ攻略は参考になりましたか?

練習が必要なヒーローではありますが、慣れてくるとその強さがわかるはずです。

とても楽しいヒーローなので、ぜひ実際に使ってみて、強いアルファ使いを共に目指しましょう!