モバイルレジェンド速報

スマホゲームのモバイルレジェンド(モバレ・モバレジェ)攻略サイト。最新情報やヒーロー攻略、おすすめキャラ紹介から初心者向けの情報まで幅広く発信しています!

モバイルレジェンド 速報

f:id:premium-a:20190109143034j:plain

f:id:premium-a:20181229050050p:plain

f:id:premium-a:20181220142824p:plain

f:id:premium-a:20181008094846j:plain

f:id:premium-a:20181008224111p:plain   f:id:premium-a:20181227052452p:plain   f:id:premium-a:20190109163725p:plain   f:id:premium-a:20181227052446p:plain

f:id:premium-a:20181008094908j:plain

f:id:premium-a:20181008094858j:plain

f:id:premium-a:20181101152135p:plain

f:id:premium-a:20180430090253p:plain

【ヒーロー攻略】ラズリー攻略!ビルドや立ち回りを細かく紹介!

 

 

f:id:premium-a:20180116201522p:plain

 

可憐なスナイパーことラズリー攻略へようこそ!

 

実装されてまもないラズリーですが、その実力はハンターの中でも1・2位の座を争うほど!おまけに操作が楽しいのも素晴らしい!

 

そんなノリに乗っている彼女を攻略したいという思いから、攻略記事を作ってみました!そのため完全攻略とは言えない出来ではありますが、少しでも新たな発見があったり参考になる記事になってくれたらと思っています♪( ´θ`)ノ

 

記事終わりにコメント欄がありますので、ラズリー使いのみなさんには攻略情報のアドバイスをしていただけると嬉しいです!コメントはできるだけ反映して、誰から見ても納得できるような攻略ページに、徐々に作り変えていこうと思っていますのでよろしくお願いします^^

 

 

 

特徴

スーパーロングレンジ

ラズリーは、敵の視野で捉えられない距離からの攻撃ができる、ずば抜けたレンジを持つスーパーロングレンジヒーローです! 

 

奇襲と追撃

ラズリーは持ち前のレンジと機敏さで敵に奇襲をかけることが得意です。特にULTは敵から認識できないような遠い場所から数回に渡る追尾攻撃で奇襲をかけることができます。そのため弱った敵のトドメを刺す追撃役としても優秀です。

 

移動性能

スキル1による移動速度アップとカモフラージュは、隠密行動・追跡・逃げなどあらゆることを可能にしてくれます。その特性を活かすために移動速度アップ効果のあるビルドを多めに積むことがセオリーになっています。

 

エナジー型 

ラズリーはMPではなくエナジーを消費することでスキルを使用します。そのためMP関連のビルドを必要とせず、誰よりも早く高額ビルドを完成させることができ、エナジー回復速度も早いのでリコール数がダントツで少なく済みます。ファニーと異なり、通常攻撃型なので、エナジーが枯渇していても攻撃手段に困ることがないのも強みです。

 

スキル

f:id:premium-a:20180116010649p:plain  パッシブ:会心の一撃

効果

弾丸が敵にダメージを与えると、エナジーを回復。5秒間攻撃を受けていない場合、次の通常攻撃の距離・クリティカル率・ダメージ量が増加する。スキルを使用すると、パッシブの冷却時間をリセットする。

解説

・エナジー回復(攻撃によってエナジーが回復するので、攻撃速度アップビルドを積むと、より管理が楽になります)

・通常攻撃強化(5秒間、攻撃を受けていないと通常攻撃を強化します。一度通常攻撃を当てるとまた時間を置かなくてはならないため、ミニオン・ヒーローなどターゲットが混在するときには誰に使うのかを考えて使用することが大切です。)

・スキルを使用するとリセット(ここでいうスキルとは、パッシブ自体のことを指します。そのためスキル123を使用しただけではリセットされません。リセット条件は通常攻撃を何かしらターゲットに当てることなので、空振りしても消費されません。)

 

f:id:premium-a:20180116010635p:plain  スキル1:カモフラージュ

効果

暫くカモフラージュ状態になる。カモフラージュ中、移動速度と物理攻撃力が増加する。攻撃する、されるとカモフラージュを解除する。敵はカモフラージュ状態を視覚できる。

解説

・カモフラージュとは(カモフラージュ効果は透明になることで敵から身を隠す効果のこと。ステルスと異なり、完全に姿を消すことが出来ないため、気づかれにくいだけで敵からは視認できてしまいます。そのことを念頭に置いて使用するよう心がけましょう)

・移動速度アップ(カモフラージュ中は移動速度がUPします。逃げたり追跡したりする場合には、攻撃を控えることで効果持続時間を長ばびかせることができます)

・攻撃力増加(カモフラージュ中のみ一発だけダメージ量が高くなります。)

 

f:id:premium-a:20180116010623p:plain  スキル2:タクティカルグレネード

効果

前方の扇状範囲にグレネードを投げ、物理ダメージを与え、敵を撃退すると同時に後方へステップする。

解説

・前方の扇状の範囲(ハンターのスキルとしては射程範囲が短く、至近距離の敵にしか当てることができません。扇状とありますが、ほとんど幅がありません。)

・敵を撃退するとは敵をノックバックさせるということ。敵との距離を取りたい状況で使うようにしましょう。)

 

f:id:premium-a:20180116010610p:plain  スキル3(ULT):アルティメットスナイプ

効果

心眼で敵の動向を捉えて、砲撃を数回放つ。命中した敵に物理ダメージを与える。敵ヒーローは砲撃をブロックできる。

解説

・心眼で敵の動向を捉える(視認できる範囲が広がり、さらに索敵効果が発動され、範囲内のアンブッシュやステルスなどに身を潜めている敵の動きを把握することができる効果のこと。)

・射程距離の延長(心眼中は視認できる範囲だけでなく、射程距離までも長くなるので、かなり遠くの敵に攻撃ができるようになります。ファーサ以外は対応できない距離なので、非常に強力です)

・砲撃を数回放つ(砲撃を4発ほどまで放つことができますが、その代償として単発威力が低く、全て当ててもそこまでダメージを与えることはできません。なので、あくまでも残りHPが少ない敵を仕留めるための手段として使うことをお勧めします。)

・自動追尾型(一度敵ヒーローに攻撃を仕掛けると、その後ラズリーの視野外に逃ても、どこまでも追尾します。)

 ・ブロックとは?(ターゲットとなる敵までの弾道上に他の敵ヒーローがいると、そのヒーローが盾となりダメージを肩代わりすること。)

・身動きが取れなくなる(ULT発動中は身動きが一切取ることができないので、一定時間、敵から攻撃を受けないような場所で使用しましょう。)

 

おすすめのエンブレムとバトルスペル

エンブレム

物理アサシンを圧倒的におすすめします。

 

バトルスペル

・ジャングル性能が高いため、基本的にハントがおすすめ。(推奨)

・ハント枠が圧迫していて譲ってくれないのであればインスパイアでもいい。

・個人的にはお勧めしませんが、稀に追跡と逃げ性能を強化するためにアサルトを使用する人も見かけます。

 

 

 

ビルド

 

ラズリーは安全な距離から戦闘することができるため、攻撃を受けないことを前提としたビルド構成(ハンターとしては珍しいブラッドクロウ不採用)が主流です。ほかにも特徴を最大限に活かすために、機敏性確保の移動速度upエナジー管理の攻撃速度up効果を持つビルドを必ず採用することをおすすめします。なので基本的には

 

オススメできるビルドだけを集めた構成を1つだけ載せておきます!

f:id:premium-a:20180116180220p:plain

 

エンドレスバトル

他ハンターでいうところのブラッドクロウ的立ち位置。ラズリーは他ハンターと比べても攻撃を受けづらいこともあるので、エンドレスバトルの方が相性がいいです。スキル使用後は攻撃力と移動速度アップ効果を得られて、スキル1との相性が抜群。物理攻撃力も申し分なく移動速度までも上げてくれる何でも屋。

 

スイフトブーツ

攻撃速度up効果を持つ靴装備。通常攻撃型でありながら通常攻撃を当てる度エナジーを回復するラズリーとは相性抜群です。

 

バーサーク

クリティカル率を底上げてくれるので、純粋に火力が高くなります。

 

ウィンドテラー

移動速度と攻撃速度を上げるために採用したビルド。火力が十分上がった中盤戦に購入できると、他ヒーローよりも機動力が高くなるため、追跡や逃げがしやすくなる。安めの値段であることでもポイント。試合がもつれてコインが溢れる状態であれば売却して、ディスペアブレイドを追加購入することをお勧め。

 

スカーレットファントム

攻撃速度の底上げをしてくれるビルド。バーサークとウィンドテラーによるクリティカル率増加で、パッシブが発動しやすくなることを狙って、この位置にしています。

 

ディスペアブレイド

攻撃力を底上げしてくれるビルド。パッシブは発動しづらいですが、単純に攻撃力の伸びが凄まじいので採用。

 

補足:ビルド購入の基本と注意点

・(ハントの場合)ジャングル1段目→ジャングル装備2段目(基本的に物理攻撃力アップする方)を最序盤に購入しましょう。他の装備が5つ完成して少しコインが貯まったら売却をお勧めします。

 

・どのキャラクターにも言えることですが、戦況を考慮して、臨機応変にその場その場でビルドを変えていけるようにしましょう。 

 

※ビルド構築協力のお願い。

これだけでは攻略ページとしては物足りないので、ラズリー使いの皆さんにはおすすめビルドとその構築理由を下のコメント欄で紹介していただきたいです!

そのビルド構成の評価が高い場合、もしくは個人的に使用して強さを実感した時、後の記事更新時に紹介させていただきたいと思います!

立ち回りのエッセンス

立ち位置の基本 1:自分だけの距離

ラズリーの最大の特徴である「射程距離」を活かして、敵の攻撃が当たらず自分だけが攻撃できる距離を保つことで一方的な攻撃をすることが可能です。

 

立ち位置の基本 2:前に出過ぎない

アサシンらしい機敏な動きが可能なため、ついつい前に出てしまいたくなりがちですが、彼女は前衛ではありません。後衛としての位置をきっちり守りましょう。

 

攻撃の基本:パッシブとスキル1で大ダメージを狙おう

パッシブが発動した状態でスキル1を使うと、大ダメージを与えることができます。奇襲を仕掛ける一発目にこれを食らわせることができると、相手にプレッシャーを与えることができるので、できるだけ両方発動させてから攻撃を仕掛けましょう。

 

攻撃の基本:防御力とHPが低い敵を狙おう

これはハンターあるあるですが、ターゲットを指定していないと、防御力の高い前衛ヒーローに攻撃しがちです。特にULTの冷却時間が長いので、無駄にしないためにも、必ずヒーロー指定で脆い敵を攻撃するように心がけましょう!

 

中盤以降のジャングル性能

序盤はそこまでではないですが、ラズリーが育って来た中盤以降は移動速度と火力が強化されて、ジャングル性能が非常に高くなるので、敵のジャングルをガンガン荒らし廻ると良いでしょう!

 

スキル1:使い分けが大切。

移動時:逃げや追跡をしたい場合には、スキル1を使用したら、効果持続時間を長引かせるために攻撃を控えましょう。

戦闘時:戦闘が始まってしまえば、自分の居場所はバレているので、あえてカモフラージュを維持する必要は無くなります。冷却時間の短さを利用して、スキル1使用直後に即通常攻撃をして、スキル回転を速め、敵をハラスした方がいいです。

 

スキル1:カモフラージュ効果の使い方。

カモフラージュはスキルの項目で説明した通り、敵からは視認できてしまいます。なので堂々と敵の前で使ってはいけません。使い方は、マップ上で姿を消したり、アンブッシュへの移動だったりと、基本的に敵に見られていない察知されていないタイミングでの使用をお勧めします。

 

スキル2:あえて敵に近く

スキル2のノックバック効果はとても優秀です。逃げる際、敵との距離が肉薄している場合には、あえて近づいてスキル2を当てて距離を稼ぐのも1つの手です。

 

スキル2:味方の方へ運ぶ。

使用出来る場面は限られてきますが、敵の背後に回り込んで2スキルを当て、味方の方へ敵を送り込むという荒業も可能です。

 

スキル3( ULT ):索敵効果を有効活用してリスクを減らそう!

ULTはスキル項目で述べた通り「索敵」効果があるので、もし担当レーンのブッシュが怪しかったり、ナタリアなどのステルスヒーローが潜んでいると思ったら、ULTを使用しておくと良いでしょう。周りの状況把握をできることで、不意のガンクなどを未然に防いだり、安全確認ができることで怖がらず動けるようになるメリットがあります。

 

ドラフトのピック優先度

現環境(2018/01/16)では、出来るだけ早めに取ることが好まれます。

 

おすすめピックタイミング 

職業バランスを無視しないのであれば基本的にどんな時でもピックしていいです。

 

(相手にすると)有利なヒーロー

どんなヒーローでも相手できる。

(相手にすると)苦手なヒーロー

基本

タンク(基本、物理貫通ビルドを採用せず、固定ダメージもビルド効果のみのため)

序盤

ナタリア・ハーリー

終盤

ライラ(育成スピードが同じ場合)

 

まとめ 

「ラズリー攻略」どうだったでしょうか?

 

やはり他の攻略記事と比べると、冒頭で言った通り物足りない感が否めませんよね。

 

ラズリー攻略はまだ完成していません。アドバイスがあれば下のコメント欄で教えてもらえたらと思います。そうすることで、この記事はさらに良いものになっていくと思いますので、ぜひ協力をよろしくお願いしますm(_ _)m